サンリオピューロランド(ピューロ夏フェス2018)に行ってきた(2018/07/15)

74 views

半年に1回、サンリオピューロランド! 今回は、ピューロ夏フェス2018(7/14~9/2)に合わせて行ってきた。『ピューロアイランド』、『イケMENフェス』、『KAWAIIビート 祭リズム!』の3種類の企画から成っている、夏フェス2018。

これまでのピューロランド体験から、イベントを絞りに絞って楽しむことにした。『ピューロアイランド』と『イケMENフェス』は切り捨て、『KAWAIIビート 祭リズム!』のみをターゲットに。加えて、『KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~』を観ることにする。『KAWAIIビート 祭リズム!』は、18:30スタート。そのため、娘(4歳)の体力温存のためにも昼からピューロランドを訪れることにした。

12:45に京王多摩センターに到着し、イトーヨーカドーで飲み物と7種類のパンを買いいざ入園。14:00開演の『KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~』を目当てにするも、13:00開始の『Miracle Gift Parade』とぶつかってしまい、グルリと迂回路を通り1Fのメルヘンシアターへ向かう。想定以上に並んでおり立ち見を覚悟したが、パレードにより若干分散してくれたおかげか、どうにか立ち見を免れることができた。子どもに40分立ち見はつらい所業。

歌舞伎要素は薄いもののエンタテインメントとしてはギュッと詰め込まれていた印象。坂東巳之助が登場したり、中村獅童が声当てをしていたり、小さな驚きがあったり楽しめた。内容は大人向けで、子どもはキティでどうにかもっており、多少置いていかれてちゃうかも。小さい子の泣き声が響く可能性は大。

さて、15:00前に終わり、そのまま『Miracle Gift Parade』の列に並ぶ、“大きなスクリーン前”狙い。ただ、15:45を過ぎた頃に列が動き出して知ることになる。『KAWAIIビート 祭リズム!』と列は共存しており、パレードとは入れ替え制であることに。だから、『KAWAIIビート 祭リズム!』を楽しみたいならば、パレードを諦め更に列に並ぶ必要があった。結果、15:00から18:30まで、3時間以上も待つことになった。ちなみに、これでも先頭ではなかった。

娘はディズニーランドに行った際に知恵をつけていた。列に並び続けないと目当てのイベントを良い位置から観ることができないことに。トイレ休憩を挟んだり、予定通りイトーヨーカドーで買ったパンを食べたりしながら、じっくりと待ち続けた。そして漸く、その時が。前夜にYoutubeで練習した娘は、黒とピンクの浴衣姿に扮し、クロミのステッカーが貼られた“キャンでん太鼓”を手に持ち、立って踊りたがる。が、頑張って制止。人多すぎ。

2018071501 - Sanrio Puroland

ダニエルの太鼓で幕があき、知恵の木を中心としてキティ、ダニエル、シナモロール、ポムポムプリン、クロミ、バツマル、マイメロディ、そしてダンサーたちがKAWAIIビートに乗っかって祭リズムを刻む。大きなスクリーン前の人たちはシナモロールチーム。掛け声に合わせて“キャンでん太鼓”を鳴らしまくる。最後は、選ばれた人たちが神輿を担いで周回した。

2018071502 - Sanrio Puroland

2018071503 - Sanrio Puroland

2018071504 - Sanrio Puroland

締めは、“大きなスクリーン前”にキティ、ダニエル、シナモロール、そしてポムポムプリンが整列&手を振りはけていった。場所はやはりここがベストだった。あっという間だったけれど、夏のイベント! といった感じ。しっかりと並んで良かった。中途半端は厳禁というこれまでの経験が生かされた。

2018071505 - Sanrio Puroland

最後に『ピューロ夏フェス2018』アンケートに答え、記念ポストカードを家族分もらって帰路についたのでした。屋内だけれど熱い一日だった。

-テーマパーク, 国内旅行
-, , , , ,